あざなえる

アクセスカウンタ

zoom RSS 試行錯誤

<<   作成日時 : 2017/08/12 19:37  

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

■OCD(強迫性障害)の件


頭ではわかっててもいざ実行しようとすると難しい。


治療への取り組み方について心理士の先生と


認識にちょっとずれがあったことが前回の通院でわかった。


心理士さんの言うことは重箱の隅をつつくように細かいことが多い傾向があるので苦手だ。


ほかにもこれはこういう意味なのか?とか強迫観念がでてきたときの対応方法について考えてしまうことがあり


一筋縄でいかない部分もある。


うーん文字でというかブログ上で上手く伝えられないのが歯がゆくもある。


基本的に強迫観念が沸き起こる→放っておく、出来る限り考えないようにする


という対処だが口でいうほど容易くなく何度も失敗を重ねてきた。


(今回この方法は取ってないが)暴露療法といって強迫観念に自分を晒すという方法この意味もよくわからない。


不潔恐怖などであれば対象物があるのでイメージが掴めるが、自分の場合はあくまで観念の域を出ないため


どう受け取ればいいのか、通院から帰ってから疑問が生じた。


「強迫観念に晒す」が意図的に晒す(思い出す・回想)なのか、強迫観念が生じた時に放っておく、晒すなのかとか。


ただ、一つ掴めたかなと思うのは自分のなかで強迫観念の正体は何か?ということ。


気持ち悪いイメージ・映像というよりは言語的なので呪文のようなものだと悟った。


そうだな、例えばだが虫を食べてしまったら怖いとかいう強迫観念があったとして


その映像が浮かぶのではなく、「虫を食べる」という言葉だけが繰り返し出て来る感じかな。


ものすごく分かり易く自分の中での強迫観念について解説したつもりだが多分分かってもらえないだろうなぁ。。。


なかなか上手く結果が出ませんが、少しずつ進展していると信じて今後も取り組みます。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
試行錯誤 あざなえる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる